SNSで話題!妖怪「アマビエ」の特徴・描くポイント | DEKITA【できた】  

SNSで話題!妖怪「アマビエ」の特徴・描くポイント

「#アマビエ祭り」「#アマビエチャレンジ」「#みんなのアマビエ」というハッシュタグを見たことがありませんか?

今、Twitterで妖怪「アマビエ」の作品を投稿することが大流行しています。
なぜ、皆がこぞって、鳥っぽい妖怪「アマビエの作品」を作るのでしょうか?

この記事はこんな人に向けて書いています
・なぜ「アマビエ」の絵や作品をみんなが作るのか理由を知りたい
・「アマビエ」の特徴が知りたい
・「アマビエ」の絵を描くときのポイントを知りたい

そもそも、「アマビエ」って何?と思う方は、こっちの記事を先に読んでみよう↓↓

アマビエの絵で疫病が治まる!でも違うかも?

↑このアマビエは私が描きました♪

アマビエは「 諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。 」と予言したそうです。なので、疫病退散を願い、アマビエの絵や作品をみんなが作っているのです。以下はウィキペディアの文を抜粋しました。

「疫病退散にご利益があるというアマビエの力を借りよう」「コロナウィルス対策としてアマビエのイラストをみんなで描こう」との発想から。

引用: アマビエ – Wikipedia

多くのTwitter利用者がハッシュタグ「アマビエ」「アマビエチャレンジ」「アマビエ祭り」などを付けてアマビエを自己流にアレンジした作品(イラスト、漫画、動画、ぬいぐるみ、あみぐるみ、刺繍、フィギュア、スタンプ、その他小物など)を次々に投稿するという動きが起こった。

引用: アマビエ – Wikipedia

「アマビエの絵=疫病が治まる」ではないと解釈する人も

アマビエの予言は「これから先、豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を絵に写して人々に見せるべし。」という旨のものであり、前節と後節が直接には繋がっていないことをもって「絵を見せることで疫病が収まると言っているわけではない」と解釈する人もいる。長野栄俊は【ふーぽコラム】において「じつは亜種であるアマビエは「早々に私の姿を写して人々に見せよ」とは告げるが、その御利益は明言していない。

引用: アマビエ – Wikipedia

もしかしたら、 「アマビエの絵=疫病が治まる」 ではないかもしれませんが、疫病退散の願いを形にすることができるのがいいですね!私も、疫病退散を願ってアマビエの絵を書きました♪

Aiko
Aiko

アマビエの絵のイメージは「古書」&「水木しげる」

では、アマビエの絵や作品を作るときに、何を参考にすればいいのでしょうか?

それは、「古書」と「水木しげるの原画」です。これが最も有名なアマビエの絵で、アマビエのイメージの元になっています。

アマビエの出現を伝える 「古書」

アマビエの出現を伝える瓦版です。木版画で作られています。弘化3年4月中旬(1846年5月上旬、江戸時代後期)刊行。京都大学が所有し、京都大学附属図書館が収蔵しています。

この古書のアマビエ、ゆるくてカワイイ♡子どもが描いた絵みたいで、古書自体が何かのパロディーに見えますが、本物の古書です。

Aiko
Aiko

水木しげるの原画

Twitterで水木しげるプロダクションが、水木しげるが描いたアマビエの原画を公開して話題にもなりました。

水木しげるさんのペンの描き込み、やっぱりスゴイですね!アマビエが水の中から出てきて、キラキラ輝いているのが特徴です。

Aiko
Aiko

妖怪「アマビエ」の特徴・描くポイント

実際にアマビエを描いてみて、アマビエには特徴や描くときのポイントがあることに気がついたのでご紹介します♪

ひし形の「目」

目は特徴的な「ひし形」です。

鳥みたいな「口」

口は鳥みたいな「くちばし」になっています。「くちばし」ではなくて、口がとんがっているだけでもいいと思います。青いタヌキのアニメの「お金持ち坊ちゃんキャラ」みたいにね♪↓↓↓

魚のヒレみたいな「耳」

耳は「半魚人」みたいに「魚のヒレ」になっています。

作品によってバラバラな「手」

作品によって、人間みたいな「手」、鳥みたいな「羽」、半魚人またいな「水掻き」があったり。指も、5本〜3本だったり、いろいろなパターンがあります。

「アマビエの古書」では手は見えず、「水木しげるの原画」だと「指は4本」で「指先」はとがっています。

「古書」のように、手が無いバージョンの作品が多い気がします。

私は、アマビエは半漁人系だから手に「水かき」があるのかな?って思ったんですが、「水かき」があるアマビエ作品はやや少なめでした。

Aiko
Aiko

ウロコにおおわれた「胴体」

フルボディの競泳水着みたいに、全身がウロコでおおわれています。彩色された「水木しげるの原画」みたいに、何色かの色でウロコを塗り分けると、カラフルでオシャレになります♪

三本の「足」

足は「3本」あります。「人型」に足2本だったり、「鳥型」で鳥の足っぽくなっていたり、「人魚型」で下半身が魚になっているアマビエ作品もたくさんあります。足の先は、3つに分かれています。アマビエの下半身が見える「古書」のイメージだと思います。

私は、鳥っぽい妖怪で足が3本あるので、「八咫烏(やたがらす)」を連想しました。八咫烏は、サッカーの日本代表のマークにも使われていますよね。アマビエと八咫烏は親戚かな?

Aiko
Aiko

美しい女性のような「長い髪」

髪は美女のようなサラサラのロングヘアー。ちょっとカールさせてもカワイイかも。体が青・緑色になりがちなので、バランスを見て、髪はピンク・赤系にする人が多い気がします。

キラキラと「輝く」

「水木しげるの原画」のイメージで、アマビエの周りにはキラキラと輝くマークを描く場合もあります。水から出てきて、濡れている状態で日が当たって輝いているのだと思います。

まとめ

アマビエは絶対にこう描かないといけない!というのはありません。 しかし、特徴を事前に知っておくと、アマビエの絵や作品を作るときの参考になります。自己流にアマビエを自由に表現してください♪

Aiko
Aiko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です