小学生ママ必見!無料絵本「ボノロン」はコンビニでもゲット可能♪ | DEKITA【できた】  

小学生ママ必見!無料絵本「ボノロン」はコンビニでもゲット可能♪

園児ママさん、小学生ママさん、ご存じですか?大手コンビニの「セブン-イレブン」などでもらえる絵本「ボノロン」、実は無料なんです。

絵本が無料でゲットできるなんて、うれしいですよね!この絵本「ボノロン」って、どんな絵本なんだろう?と気になったので、詳しく調べてみました♪宗教的な注意点にも、少し触れる内容です。

Aiko
Aiko

無料絵本『森の戦士 ボノロン』の基本情報

引用:『森の戦士ボノロン』 | 原哲夫 公式ウェブサイト

絵本「ボノロン」がもらえる場所

全国のセブン-イレブン、ヨークベニマル、デニーズ、アカチャンホンポ、セブン銀行出張所など。

絵本「ボノロン」の配布日

偶数月15日に数量限定で無料配布中です。

2月、4月、6月、8月、10月、12月の15日に配布されるそうです。数量限定なので、無くなる場合もあります。配布日は要チェックですね!

Aiko
Aiko

絵本「ボノロン」の対象年齢

文章がやや長めなので、自分で読むなら「小学生3~6」くらいが対象だと思います。すべての漢字に「送り仮名」がついているので、小さな子どもでも読めます。読み聞かせをしてもいいですね。

北斗の拳で有名な「 原哲夫 」プロデュース

漫画で培ったノウハウを、子どもたちが読む絵本にも活かしたい…との思いからうまれた「森の戦士ボノロン」。原哲夫が企画・キャラクターデザインを行い、現在はプロデュースを担当。

引用: 『森の戦士ボノロン』 | 原哲夫 公式ウェブサイト

「お前はもう死んでいる」で有名な「北斗の拳」の作者が、ほのぼのとした絵本をプロデュースしているなんて意外!

Aiko
Aiko

【キャラクター説明】ボノロンとは?

「ボノロン」は、巨木の森に住む「森の戦士」で「9才の男の子」、性格は「心優しくて」、困っている人の願いをかなえてくれるそうです。ボノロン、いいヤツだね♪

Aiko
Aiko

ボノロンは、巨木の森タスムンに住む森の戦士。オレンジ色でとても大きなボノロンは、正義感が強く、とても頼りになる9才の男の子です。

悲しんでいる人が巨木に涙を落とすと、根をつたってタスムンの森に届きます。巨木から涙のわけを聞いたボノロンは、地上にあらわれます。そして魔法は使わずに、困っている人の背中をそっと押してあげる…心優しいボノロンは寄り添うように、願いをかなえてくれるのです。

引用:ボノロン公式サイト – ボノロン絵本 – 緑のgoo

絵本「ボノロン」は内容もキャンペーンも充実!

絵本はオールカラー

すべてのページがカラー印刷なので、観て読んで楽しい絵本です。無料なのにスゴイ!

知育にも♪巻末には「パズル」のミニコーナー

その巻ごとに内容は違いますが、塗り絵や迷路、間違い探し、漢字クイズ、しりとり、数字むすびなどのミニコーナーもあります。子どもが、頭を使って考えるミニコーナーもあるので、「知育」にもなりますね♪

プレゼントキャンペーン

ボノロンのグッズがもらえる「プレゼントキャンペーン」や、採用されると記念品がもらえる「おたより募集」コーナーがあります。

絵画コンクールも実施中

「森の戦士 ボノロン」絵画コンクール
毎年、絵画コンクールもやっているみたいです。絵を描くのが好きな子どもには、ぜひ♪

ボノロンの大型絵本の無料貸し出し

送料が2200円前後かかりますが、無料で大型絵本の貸し出しも行っているそうです。イベントなどに、いいですね。

【ボノロンのデメリット】キリスト教の人は嫌がるかも…

無料なのにオールカラーで、内容も充実している絵本「ボノロン」。人にドンドン宣伝して勧めたくなりますが、少し注意も必要です。

ボノロンのクルクルの角=ヤギの角=悪魔!?

ボノロンのチャームポイントの「クルクルの角」。キリスト教の人にとっては、「クルクルの角=ヤギの角=悪魔」と連想してしまうかも。なので、家族や人に「ボノロン」を勧めるときは、その人の宗教観も少し考えてから勧めるといいですよ。

Aiko
Aiko

【悪魔のイメージとヤギ】
新約聖書では、ヤギを「悪しきものの象徴」として扱うくだりがある。ヨーロッパのキリスト教文化においては、ヤギには悪魔の象徴としてのイメージが強いが、これは、ギリシャ神話のパンやエジプト神話のアモンのような山羊神、あるいは、祭司が角のついた仮面をかぶって獣の扮装をして踊り、豊穣な獲物を願うような素朴なシャーマン信仰における森林神等、キリスト教の公教化とともに駆逐された先行宗教の、邪神化された“異教”神たちのイメージから来たものであろう。ここからやがて、バフォメットのようなヤギ頭の悪魔が考え出され、悪魔崇拝者が好んでヤギの仮面をかぶったりする。また、中世では、悪魔の化身としてのヤギに乗って空を飛ぶ魔女の版画などもある。

引用: ヤギ – Wikipedia

絵本「ボノロン」をネットで買うこともできる!

じっくりボノロンの話を読みたい人は、ネット通販で絵本を購入することもできます↓

↓懐かしの名作絵本&グッズについての記事もオススメ♪

↓私も絵本を描きました。下のリンクから読めます♪

まとめ

セブン-イレブンなどで手軽に手に入れる無料絵本「ボノロン」。角を気にするかはそれぞれですが、無料とは思えない程の充実した内容です。ぜひ、気になる人はお近くの配布店舗でゲットしてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です