作家活動を副業に♪絵を描くスキルで収入を得る方法5選【ココナラ活用編】 | DEKITA【できた】  

作家活動を副業に♪絵を描くスキルで収入を得る方法5選【ココナラ活用編】

「作家活動」だけで生活できるくらい収入を得るのは、とっても大変!有名な人気作家にならないと難しいですよね。

しかし、作家活動を「副業」として「月々数百円~数万円」の収入を得ることはそんなに難しいことではありません。

今回は、手軽にスキルを売買できる「ココナラ」を活用して、絵を描くスキルで収入を得るアイデアを5つ紹介します。

Aiko
Aiko

そもそも「ココナラ」って何?


「ココナラ」は、「知識」「スキル」「経験」を売り買いできるネット上のフリーマーケットのようなところです。

ココナラの3つの特徴

ココナラの特徴は、
①お手頃価格…サービスはお手頃価格で気軽に利用できます。
②安心・安全…決済や売上の受け取りは、サイトが仲介するので安心。
③匿名可…サービスのやりとりは全て1対1の非公開。匿名でもOK。

ココナラのメリット

・自分の出品商品の値段を自由に決められる
・ 個人で販売するより集客力
・他のサイトではあまり見ない「似顔絵」「LIENスタンプ」「アイコン制作」などの商品ジャンルがある
・ココナラが売買の仲介をしてくれる
・匿名で売買のやり取りができる

ココナラのデメリット

・出品しても人気がないと仕事がこない場合も
・手数料として25%取られる
・高額なものを売るには不向き

手数料を25%も取られるのが痛いですが、ココナラが売買を仲介してくれるのがいいですね♪集客力もあり

顔も見えない相手と個人でやりとりすると、お金を払わずに音信不通になることって、実はよくあることなんですよ。悲しいけどね。

手数料を取られても、仲介してくれるサイトを利用した方が安心・安全です!

Aiko
Aiko

↓詳しく知りたい人は「ココナラ」に無料登録して、売買や出店のしくみを確認してみよう!

【ココナラ活用法1】SNSに使える「アイコン」のイラストを販売

TwitterやLIEN、FacebookなどのSNSの顔ともいえる「アイコン」のイラスト。絵が描ける人ならココナラで販売する商品として1番オススメです。

なぜなら、シンプルに可愛く絵をデフォルメする力があれば、パソコンがなくてもスマホのお絵描きアプリを使ってもできるからです。とっても気軽ですね!

値段の相場は、1000円~5000円くらいです。

ココナラで「アイコン」を出品するメリット

・お絵描きアプリを活用すればスマホ1台でできる
・絵がメチャ上手じゃなくても、デフォルメできたら大丈夫
・最近は家で過ごすことが多い分、SNSの利用が増えて需要がありそう

ココナラで「アイコン」を出品するデメリット

・1回の仕事の単価が低い
・気軽に出品できるのでライバルも多め

【ココナラ活用法2】名刺で人気の「似顔絵」を販売

似顔絵は依頼者の写真を参考に、特徴をとらえて描かないといけません。手描きでもデジタル画でもできる絵のお仕事です。手描きの場合は、オプションで配送代の設定も考える必要があります。

値段の相場は、1000円~5000円くらいです。

ココナラで「似顔絵」を出品するメリット

・名刺などのビジネスシーンから結婚式、家族へのプレゼントなど需要が多い
・デジタル画が描けなくても、「手描き」の絵でも売れる!

ココナラで「似顔絵」を出品するデメリット

・依頼者の顔に似せて描かないといけない
・「手描き」の場合は配送方法を考える必要がある

【ココナラ活用法3】YouTube漫画で需要あり「漫画」を販売

デジタル画で漫画が描ける人なら、ココナラで「漫画」のスキルを販売するのもオススメです。漫画は、広告漫画やYouTube漫画、Webサイト用、商品紹介用、4コマ漫画など需要があります。数ページの依頼なら、まとまった金額の収入が入るのがうれしいですね♪

値段の相場は、3000円~15000円くらいです。

ココナラで「漫画」を出品するメリット

・ココナラの出品商品の中では比較的高額で売れる商品
・3万円で販売している商品でも購入されている
・今はYouTube漫画などで需要が増えている

ココナラで「漫画」を出品するデメリット

・まとまった仕事が入った場合、時間内に仕事量をこなすスキルが必要になる
・企業や会社との仕事も多いので責任が重く、納品チェックが厳しい場合がある

【ココナラ活用法4】オリジナルの「LIENスタンプ」を販売

LIENスタンプの作り方が分からないけど、自分や子供、ペットのオリジナルのLIENスタンプを作って欲しい人に需要があります。

値段の相場は3000円~12000円くらいです。

ココナラで「LINEスタンプ」を出品するメリット

・スマホのお絵描きアプリでも作ることができる
・シンプルでデフォルメしたイラストが多く、慣れれば短時間で制作できる
・小さいイラストを描くのが得意だと制作が楽しい

ココナラで「LINEスタンプ」を出品するデメリット

・顔や動き、表情などイラストのレパートリーがないといけない
・依頼者と複数のスタンプのデザインについて確認、コミュニケーションをとるのが大変

【ココナラ活用法5】 結婚式の「ウェルカムボード」を販売

華やかな結婚式にするために、ウェルカムボードをオーダーメイドしたいカップル・夫婦はたくさんいます。結婚式場の業者に頼むと、数万~数十万円かかる場合もあります。

ココナラでは金額の相場は、5000円~20000円くらいです。業者に頼むよりも安く済み、いろいろな絵のタッチの作家さんから選べるので人気の出品ジャンルです。

ココナラで「ウェルカムボード」を出品するメリット

・結婚式の定番アイテムなので需要がある
・「デジタル画」も「手描き」もどちらも需要がある
・1回の仕事で1万円前後の収入が得られる

ココナラで「ウェルカムボード」を出品するデメリット

・華やかな絵が描けないといけない
・似顔絵を描くスキルも必要
・「手描き」の場合は色紙や額装した作品を送る方法も考えないといけない

まとめ

今回は詳しくご紹介できませんでしたが、ココナラでは他にも「キャラクター制作」「ペットのイラスト」「絵や漫画、イラストのアドバイス」などの出品ジャンルもあります。

↓まずは、ココナラに無料登録をして、どんな商品が出品されているか、出品や売買のシステムを確認してみるといいですよ♪

知り合いの人はココナラで占いを出品して「50万円以上」稼いだそうです。私も、近々ココナラに間違い探しやアイコンのイラスト、似顔絵とか出品してみようと思います。ココナラ出品実践編の記事も書けたらいいなと思っています。

Aiko
Aiko

絵を描くスキルがある方は、ココナラを利用すれば作家活動を副業にできるかも♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です